誰でもディノベート治療ができるわけではあり

誰でもディノベート治療ができるわけではありません。その大きな原因は高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。保険適用のケースはほとんどなく、全て自由診療になることが当たり前ですから失った歯が何本なのか、義歯などの素材は何かによっても費用の差が出てきます。
また、自由診療なので、歯科医院ごとに費用が異なることはもちろんです。

また、定期的なメンテナンスも必要という点にも注意が必要です。少数の歯の欠損に対する治療としては、ホワイトニングとブリッジが代表的です。

いわゆるディノベート治療では、あごの骨に小さな穴を開けて、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。歯茎治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、ブリッジよりディノベートの方が優っていると考えられます。

ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるという覚悟もしなければなりません。

入れ歯で噛むと食べた気がしない、または入れ歯そのものに抵抗感があるという方に適用されるのがディノベート治療です。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感を重視する方には最適です。
ディノベート治療で人工歯根の上に装着する人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。

陶器で人工歯を形成するので、変色や腐食がない利点がありますが、見た目と機能に優れたセラミックの歯を形成できるかどうかは、なんといっても歯科技工士のスキルによります。
人工歯の製作には、高い技術と美的センスを必要とする、高レベルな作業なのです。これには大変な手間と時間がかかりますから、技術的なコストもかかり、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。耐久性の面で、インプラントはどうかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば本物の歯に匹敵する耐久性があるというのが多くの意見です。
すなわち、自分の歯と同じようにしっかりケアすることにより長期間の使用も問題ありませんが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうると思ってください。続きはこちら⇒ディノベートはSNSで評判