調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査によ

調査にはどれだけの人数が必要なのかというと、調査によって一定とは限りませんが、多くの場合、調査は2人くらいで行うと言われています。ただ、まだ浮気の疑いがあるというレベルの場合には、調査員が1人で浮気をしているかの確認をすることが多くなります。浮気をしている証拠をつかんだら、もう一度計画を練り直してしょっちゅう同じ電話番号から繰り返し、また定期的にその電話番号に掛けていたりしたらそれが浮気相手とのやり取りであるのはある程度間違いないと思われます。
そうしたらその電話番号の相手が誰かということを断定することができますね。しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。
ほんとに離婚してもかまわない、もらえる慰謝料が多い方が良いと考えるなら、浮気現場に踏み込む方法を取ってもいいです。
けれども1人で踏み込むと、さらに揉める可能性が高いので、避けたいところです。信頼している人を連れて行けば、事件を起こすほど感情的になる可能性もありません。
信じて頼れるような人がいないなら、探偵に依頼するという方法があります。探偵の浮気調査を例に挙げても失敗したりするようです。探偵が浮気調査の専門家だとしても、失敗することがごく稀にあります。尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行者の存在に気づく時もあるでしょう。もしくは、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には尻尾を掴みようがないです。GPS端末は、車の目に触れないところに装着して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、移動中の所在を確認したり、記録されたデータを後で読み出し行動を確認することができます。
移動手段に、車を使わない人の場合は、バックなど、身の回り品にGPS端末をかくしておくこともできます。それによって、相手が行った場所や滞在した時間も割り出すことができるでしょう。