ケータイの通話履歴から浮気の証拠

ケータイの通話履歴から浮気の証拠がつかむことが可能です。
理由は携帯が浮気相手に連絡する手段として当たり前のように使われるからです。
今やメール、または、LINEなど様々な方法で連絡をことも多くなったとはいえ、やはり、相手の声を聞きたくなるのは当たり前です。
何気なく電話していることも否定できないのです。
法律上では、既婚者が配偶者以外の異性と故意に男女の関係にいたることを不倫と定義しています。すなわち、法律上では、肉体関係を持っていなれば、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではないのです。
男女の既成事実をつかむのは個人では難しいですが、プロの業者に依頼するという方法もあります。
浮気調査で肝要なのは、本当に浮気しているのか? という疑問を確信に変えることです。
浮気の痕跡が確かでない場合は改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
不倫相手の存在が確かになれば浮気相手が誰か? を調査する段階となります。
主にパートナーの尾行を中心として、怪しまれぬよう監視を続け、浮気相手の姿・年齢・氏名などを確かめるのです。
生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵に頼む時、通常、調査をする人の数と調査にかける日数を前もって相談します。探偵の時給の相場は、1万円以上ですから、調査期間が長期になればなるほど請求される調査費用も多額になります。
探偵事務所によっても、利用する機械や調査員の手腕には違いがありますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。
浮気の調査を探偵に任せ、誰が見てもそうとしか思われない証拠が見つかれば、配偶者と不倫相手には慰謝料を求めることができるのです。
相手が信頼できなくなってしまったら一生共に生活することはストレスは相当なものになりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。
それに、配偶者の浮気相手に慰謝料を請求したならば間違いなく別れさせられるはずです。